「ユニバーサルマナー検定 in 岐阜」のご案内(GIFUバリアフリー観光推進プロジェクト)

当法人では、岐阜県より「GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト」事業の委託を受け、誰もが安心して県内を旅行できる仕組みの構築を目指し、岐阜県内の観光施設の調査や情報発信、啓発などを進めているところです。

プロジェクトでは活動の一環として、障がい者や高齢者への接し方を学ぶ「ユニバーサルマナー検定」の講座を開催し、観光関係の事業者の方などを対象に受講していただくこととなりました。

この「ユニバーサルマナー検定」は、岐阜県中津川市出身の障がい当事者である垣内俊哉氏が代表取締役を務める株式会社ミライロが考案した、日常生活を営むのに困難が生じる高齢者や障がい者など、多種多様な人への対応のスキルの知識の習得・向上につなげるための検定で、昨年4月の障害者差別解消法の施行にともなって注目されています。

開催内容

講義 75分

  • ユニバーサルマナーとは
  • 高齢者や障害者への向き合い方
  • どんな人がどんなことに困るのか?
  • 各種マークの名称と意味
  • 困った時のお声がけ方法

演習問題 45分

  • グループで演習問題に取り組みます

認定条件 受講者は全員認定。受講当日に認定証を発行、授与します。

◯飛騨会場

  • 日時:2月23日(木) 13:30~16:30 (開場13:00)
  • 会場:高山市民文化会館2-3会議室 (高山市昭和町1-188-1)

◯岐阜会場

  • 日時:3月22日(水) 13:30~16:30 (開場13:00)
  • 会場:ふれあい福寿会館301中会議室(岐阜市薮田南5-14-53)

申込みについて

ユニバーサルマナー検定 in 岐阜 ちらし(PDFデータ)の裏面「参加申込書」に必要事項を記入してメールまたはFAXで送信いただくか、お問い合わせフォームから

  • 希望の会場(高山・岐阜)
  • 団体名
  • 役職
  • 氏名

を記入して送信してください。

参考情報

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト 観光施設の調査開始しました

cimg0026
7月にスタートした「GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト」では、車イスを使っている、高齢で歩くのが大変、視覚に障害がある、聴覚や言語に障害があるなど、 旅行をする上で何らかの不安や支障がある人にも、観光地のバリアを明らかにすることで安心 して岐阜県を訪れ旅行を楽しんでもらえるように、岐阜県内の観光地を車いすユーザーなど障害のある調査スタッフが実際に訪れて、バリアフリー状況やおすすめポイントなどを取材しWEBサイトなどで情報を 発信していきます。

11月より、岐阜県内の観光施設を訪問し調査を行っています。

%e5%a4%a7%e5%9e%a3%e8%aa%bf%e6%9f%bb_%e5%b2%90%e9%98%9c%e6%96%b0%e8%81%9e

GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト

◆背景・目的

東京オリンピック・パラリンピックの開催や東海環状自動車道西回りなどの交通インフラの充実を控え、障がいをもつ方をはじめ、外国人や高齢者など、誰もが安心して県内を旅行できる仕組みを構築し、新たな観光需要の創出による、観光消費額の増加につなげる。

◆事業内容

  • バリアフリー観光施設調査の実施
  • WEBページ、ガイドブック制作
  • 啓発セミナーの開催 等

◆今年度の取組み

  • 7月14日  キックオフイベントの開催(バリアフリー観光セミナー、ワークショップ)
  • 9月29日  岐阜県バリアフリー観光推進協議会の開催
  • 10月  県内観光施設等への調査協力依頼
  • 11月~  バリアフリー観光施設調査
  • 1月~  バリアフリー観光WEBサイト構築
  • 3月~  バリアフリー観光情報の発信(WEBサイト、ガイドブック等)

◆調査対象

県内の観光地、観光施設40~50ヶ所程度

◆調査項目

施設基本情報、バリアフリー情報(駐車場・出入口・トイレ・昇降設備・誘導案内・人的対応)、おすすめポイント、調査員コメント 等

古い町並みを車イスユーザーが散策しながら調査

バリアフリー状況調査の様子 飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

在宅登録ワーカー募集のページを更新しました

在宅就業を通して職業的自立や社会参加を目指しておられる意欲的な方(在宅就業障害者)を募集をしています。

詳しくは

ワーカ募集のページ

をご覧ください。

 

「GIFUバリアフリー観光プロジェクト」キックオフイベント開催

バーチャルメディア工房ぎふでは岐阜県と連携して、障害のある方や高齢の方をはじめ、旅行をする上で何らかの不安や支障がある人たちにも、安心して岐阜県を訪れ旅行を楽しんでいただくために、観光地のバリアフリー情報を発信し、将来的に岐阜県のバリアフリー観光の一元的な相談窓口の構築を目指すプロジェクトを開始します。

「GIFU・バリアフリー観光プロジェクト」キックオフイベントを開催!(岐阜県ホームページ)

【募集終了】平成28年度 障がいのある方のためのパソコン訓練の受講者を募集します

この訓練の募集は終了いたしました。

岐阜県からの委託により、一般就労をめざす障がい者のためのビジネスに必要なパソコン技能を習得する訓練を実施することとなりました。

平成28年9月1日から訓練を開始するにあたり、ただいま受講生を募集しております。
内容 ITリテラシー習得コース
ビジネスに必要な、パソコン・インターネットの基礎から、ワープロ・表計算・プレゼンテーションなどの応用ソフトを活用した実践を学びます。(検定試験対策も行います)

定員 5名(定員に満たない場合、開講されない場合があります)
対象 障がいのある方で以下に該当する方

  • ハローワークに求職登録をしている方
  • 就労意欲があり、訓練会場まで通所出来る方
訓練期間 平成28年9月1日(木) ~ 平成28年11月15日(火)まで
時間 10時~17時(休憩あり)
会場 バーチャルメディア工房ぎふ 研修室(大垣市 ソフトピアジャパン7階)
駐車場有り、障がい者対応トイレあり
費用
  • 受講料無料 教材費として 9,396円(税込)が必要
  • 訓練生総合保険 2,450円(任意)
申し込み先 居住地のハローワークの窓口
募集期間 平成28年7月1日(金) ~ 8月10日(水)
問い合わせ先 岐阜県 商工労働部 労働雇用課 障がい者委託訓練担当
住所:〒500-8570 岐阜市薮田南2-1-1 電話:058-272-1111(内線3127)
実施機関 特定非営利活動法人 バーチャルメディア工房ぎふ(障がい者就業支援団体)
住所:〒503-0006 大垣市加賀野4-1-7 ソフトピアジャパン702
電話:0584-77-0533

平成28年度 文部科学省「特別支援教育に関する実践研究充実事業」実施中

文部科学省より「特別支援教育に関する実践充実事業(特別支援教育に関するNPO等の活動・連携の支援に関する実践研究)」を受託しました。

「特別支援学校の喫茶サービスにおけるタブレット端末を利用したシステムの活用」をテーマに、特別支援学校高等部作業学習において、接客業務を通し様々なコミュニケーションを実践し、働く意欲や態度、生活意欲を高め職業生活の質を向上させるため、タブレット端末の活用により能力や障がいの程度にかかわらず、すべての生徒が主体的に取り組めるような環境づくりを目指す調査・検討委員会を運営しています。

【終了しました】3月22日 「障がい児・者のタブレット活用セミナー」開催します 

このセミナーは終了しました。多数のご参加有難うございました。

特別支援学校の喫茶サービスにおけるタブレット端末のコミュニケーション能力拡大のための活用法

平成27年度 文部科学省 委託事業

特別支援教育に関するNPO等の活動・連携の支援に関する実践研究成果発表セミナー

岐阜県内の特別支援学校での、校内の喫茶店や道の駅での喫茶の実践から、接客を通じ人とのかかわりの基本的な知識・技術の向上を目指す作業学習における、タブレットとアプリを活用したコミュニケーション能力を高めるための研究成果を紹介します。
本セミナーは、研究成果の普及と、タブレット端末の利用による障がい者の可能性の拡大についての啓発を目的とします。

日時:平成28年3月22日(火) 13:30~16:00
会場:ソフトピアジャパンセンター 10階 中会議室1(岐阜県大垣市加賀野4-1-7

詳しくは、スマートフォン・タブレット端末の福祉分野での活用研究会サイトにてご案内しています。

チラシ(PDF)

 

【募集終了】平成27年度 障がいのある方のためのパソコン訓練受講者募集中

この訓練の募集は終了いたしました。

岐阜県からの委託により、一般就労をめざす障がい者のためのビジネスに必要なパソコン技能を習得する訓練を実施することとなりました。
平成27年7月16日(木)から開始するにあたり、ただいま受講生を募集しております。
内容 ITリテラシー習得コース
ビジネスに必要な、パソコン・インターネットの基礎から、ワープロ・表計算・プレゼンテーションなどの応用ソフトを活用した実践を学びます。(検定試験対策も行います)

定員 5名(定員に満たない場合、開講されない場合があります)
対象 障がいのある方で以下に該当する方

  • ハローワークに求職登録をしている方
  • 就労意欲があり、訓練会場まで通所出来る方
訓練期間 平成27年7月16日(木) ~ 平成27年10月15日(木)まで
時間 10時~16時(休憩あり)
会場 バーチャルメディア工房ぎふ 研修室(大垣市 ソフトピアジャパン7階)
駐車場有り、障がい者対応トイレあり
費用
  • 受講料無料 教材費として 9,504円(税込)が必要
  • 訓練生総合保険 2,450円(任意)
申し込み先 居住地のハローワークの窓口
募集期間 平成27年6月1日(月) ~ 6月29日(月)
問い合わせ先 岐阜県 商工労働部 労働雇用課 障がい者委託訓練担当
住所:〒500-8570 岐阜市薮田南2-1-1 電話:058-272-1111(内線3127)
実施機関 特定非営利活動法人 バーチャルメディア工房ぎふ(障がい者就業支援団体)
住所:〒503-0006 大垣市加賀野4-1-7 ソフトピアジャパン702
電話:0584-77-0533

平成27年度 在宅就業障害者募集の選考日程について

一般の職場では就業の機会が得難い重度の障害をお持ちの方で、就業を希望される方を対象に、在宅で実務を通して就業能力を高めていただくための支援を行っています。
今年度も、私達と一緒に、在宅就業を通して職業的自立や社会参加を目指しておられる意欲的な方(在宅就業障害者)を募集をしています。

在宅就業障害者募集について、平成27年度の日程を掲載しました。

ワーカーの募集平成27年度 在宅就業障害者の募集・選考日程

【終了しました】3月25日 実践研究成果発表セミナー 「喫茶でのタブレットを利用したコミュニケーション支援の取り組み」開催

このセミナーは終了しました。多数のご参加有難うございました。

平成26年度 文部科学省 委託事業 特別支援教育に関するNPO等の活動・連携の支援に関する実践研究成果発表セミナー

 

岐阜県内の特別支援学校高等部の作業学習において校内に設置した喫茶店や道の駅での喫茶営業の実践から、接客を通じて人とのかかわりの基本的な知識・技術を向上するための、タブレットと接客支援アプリを利用したコミュニケーション能力を高める取り組み等についての研究成果を紹介します。

 

日時:2015年3月25日(水) 13:30~16:00

 

会場:ソフトピアジャパンセンター 10階 中会議室1(岐阜県大垣市加賀野4-1-7)

 

詳しくは、スマートフォン・タブレット端末の福祉分野での活用研究会サイトにてご案内しています。

チラシ(PDF)